キャンペーン中!!

Re:ZONE 梅田01

お気に入りに追加
MAP

大阪梅田エリアに完全個室空間が一室29,700円~!

御堂筋線 梅田駅から徒歩8分に完全個室の空間が1部屋29,700円からOPEN!
事務所としてはもちろん、コロナ禍でも密にならず、快適にWEB会議やテレワークをしていただきます。窓付き個室も多数あります。
ビジネスだけにとどまらずフレキシブルな利用が可能です。

空室情報・フロアマップ

部屋番号 空室状況 賃料(税込) 定員
301 空室 キャンペーン中! 71.500円 74,800円 1~4名
409 空室 キャンペーン中! 70,400円 73,700円 2~4名
3F
4F
5F

MAP

Re:ZONE梅田01について

梅田エリアにレンタルオフィスのRe:ZONEがOPEN

皆様から強いご要望をいただくことが多かった、大阪のビジネスエリアの中心街であり、駅前の開発が続く梅田エリアにレンタルオフィスのRe:ZONEシリーズである、レンタルオフィスRe:ZONE梅田がOPENしました。

今回はそのレンタルオフィスRe:ZONE梅田の紹介だけではなく、梅田エリアそのものについても調べてみましたので、ぜひご覧ください。

そもそも梅田とは

関西にお住まいの方は、梅田といえば大阪の2大繁華街である「ミナミ」こと難波エリアと「キタ」こと梅田エリアという風に認識されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

もちろん「キタ」こと梅田エリアは大阪を代表する繁華街でもありますが、グランフロントなどの超大型ビルが立ち並び、大阪屈指のオフィス街でもあります。

貸しビルだけでなく賃貸事務所、レンタルオフィスやコワーキングスペースなど、ビジネスの拠点となる場所がたくさんある事も梅田エリアの特徴です。

また、開発が進んでいるうめきたエリアには2023年頃にはJRのなにわ筋線が開業し、大阪駅から中之島や西本町を経由して難波につながり、その先は南海電鉄を経由して、関西の玄関口である関西国際空港へとつながる路線の完成が予定されています。

今以上に便利になる梅田エリアですが、そもそも梅田とは?大阪駅と梅田駅の違いとは?なんでしょうか。

実は関西生まれ・関西育ちの方でもご存じない方もいらっしゃるのではないかと思いますので、今回はその辺りを詳しく調べてみましたので、ぜひご一読ください。

1日の乗降客数が約87万人、関西屈指のターミナルステーションであるJR大阪駅が開業したのは1874年(明治7年)の事でした。

開業当時は大阪駅周辺には田園が広がっており、非常に喉かな景色だったそうです。

今の高層ビル群が立ち並んでいる梅田エリアから考えると想像できませんね。

江戸時代から、大阪の中心地と言えば船場や堂島であり、大阪駅が開業した当時はこの辺りは「街の外れの郊外」という認識だったようです。

当初は中心部に、より近い堂島エリアに大阪駅を建設する計画もあったようですが、さまざまな理由からその計画は実行されませんでした。

ちなみに江戸時代以前、梅田エリアは湿地帯でした。その湿地帯を開墾し、田畑を開いたことから「埋めた田んぼ」である「埋田」が現在の「梅田」の名前の由来になったのではないかという説があります(名前の由来には所説あります)。

さて、そんな大阪駅ですが開業当初は旧大阪中央郵便局のあたりに駅舎がありましたが、

1901年には少し東の方へ移動します。それに伴って梅田エリアの中心も東へと移動をします。

その後、梅田エリアに複数の私鉄が乗り入れたことにより、少しずつ発展を遂げ、1907年に大阪市立大阪工業学校(現大阪市立都島工業高等学校)が開校。他にも同年に金蘭会女学校(現金蘭会高等学校・中学校)が梅田へ移転するなど、梅田エリアは次第に文京区となっていきます。

さらに大正時代になると貨物線が複数乗り入れるなど、大阪駅は旅客駅だけでなく、貨物駅としての役割も担うようになっていきました。

そして、第二次世界大戦後にはもともと貨物駅として広大な土地を有していた梅田エリアは再開発の対象エリアとなり、開業当初は田園エリアであった、のどかな場所は大阪のビジネスと商業の中心地として発展を遂げていく事となります。

大阪駅と梅田駅の違い

いかがでしたでしょうか?

関西にお住まいの方でも梅田エリアが、昔はのどかな田んぼが広がる広大な場所だったとは想像もしていなかった方が多いのではないでしょうか。

かく言う筆者も、詳しく調べるまでは梅田という場所がそんな所だったとは全く知りもしませんでした。もっと詳しく知りたいという方はぜひご自身でも色々と調べてみてください。

さて、ここまでは梅田エリアの歴史をご説明してきました。

では次に、関西在住の方以外によくご質問頂く「大阪駅と梅田駅のちがい」についても調べてきましたのでご説明したいと思います。

現在梅田エリアにはJR、大阪メトロ御堂筋線(梅田駅)・四ツ橋線(西梅田駅)・谷町線(東梅田駅)、阪急各線(大阪梅田駅)、阪神電車(大阪梅田駅)の6線が乗り入れています。

この中で「梅田」という地名が付かず、「大阪駅」という駅名なのはJRのみとなっています。

JR以外の鉄道会社が全て梅田という地名入りなのになぜ?と思いませんか。

実はこれにも明確な理由がありますが、これを1からご説明すると非常に長くなってしまうため、簡単にご説明しますと、JRの前身であった国鉄が関西以外の方にも広く知ってもらうために名付けた「大阪駅」という呼称と、地元密着の私鉄各線は大阪の方含め、関西の方に分かりやすく馴染みのある「梅田」という地名を入れたことが今でも残っているという事のようです。興味がある方は詳しくお調べいただく事をオススメ致します。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田01

ここからはレンタルオフィスRe:ZONE梅田01についてご説明をしていきます。

賃貸事務所レンタルオフィスRe:ZONE梅田01は梅田の中心地から少しだけ離れたエリアにあり、最寄り駅は大阪メトロ谷町線の「中崎町」というエリアです。

梅田の中心地まで徒歩で5分から10分という立地ですので、取引先が梅田周辺にある方も便利な立地ではないかと思います。

この周辺には当社のレンタルオフィス以外にはレンタルオフィスはありませんので、レンタルオフィスやコワーキングスペースをお探しの方にはお勧めです。

また、レンタルオフィスRe:ZONE梅田の周辺には歩いてすぐの場所にセブンイレブンやスーパーライフがあります。 仕事終わりに生活用品の買い物をして帰ることが出来たり、事務所帰りの合間にリフレッシュの買い物することができます。

すぐ近くの大通りは 都島通りという名前で、通り沿いには大阪でも有名な梅田バッティングドームがありますので、ストレス発散にはもってこいの立地になっています。

また、レンタルオフィスRe:ZONE梅田は24時間365日事務所利用していただく事が可能です。

思わぬ仕事が舞い込んで遅い時間まで事務所を利用することになっても、レンタルオフィスRe:ZONE梅田01は時間の制限がありませんので、時間を気にせず仕事に没頭することが出来ます。

レンタルオフィスやコワーキングスペース、賃貸事務所によっては利用時間の制限があるところもありますが、弊社のレンタルオフィスRe:ZONE梅田は利用時間の制限がありません。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田の入口にはテナント名が一目で分かるようにテナント名板が設置されています。また、郵便物の受取りにも便利なポストも設置されていますので、住所利用や法人登記も可能です。

こちらも利用料金や看板の設置費用も賃料に含まれていますので、余計なコストはかかりません。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田は「レンタルオフィス」という名前が付いていますが、店舗としての利用も可能です(利用可能な職種かどうか事前にお問い合わせ下さい)。

梅田以外のレンタルオフィスRe:ZONEシリーズでも、事務所利用だけでなく、個人事業主としてまつ毛エクステをされている方や、ネイルをされている方がいらっしゃいます。

レンタルオフィスRe:ZONEは個人事業主の皆様をはじめ、テレワーク用のお部屋が無くお困りの方、これから事業を始めるために賃貸事務所を構えたいというベンチャー企業の皆様に少しでもお役に立てるよう日々運営しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

さて、入り口を入って奥に進むと右手に階段が御座います。こちらの階段を上がって3階~5階が事務所利用ができるレンタルオフィスRe:ZONE梅田となっています。

3フロアは全て居室の部屋のドアの色が異なります。

3階はブラウンを基調としたシックなフロア、4階は木目調を基調としたナチュラルなフロア、5階は白を基調としたモダンなフロアとなっています。

ご利用されるお客様の事業内容やお好きな色で事務所を選んでいただく事が出来ます。

自分好みの事務所で仕事をすることによって仕事のパフォーマンスを上げることが出来るというデータもありますから、どのフロアのどのお部屋にされるかは是非一度ご内覧にお越し下さい。

続いて室内のご紹介です。

レンタルオフィスRe:ZONEでは、入居をしてすぐに仕事が始められるように、事務所内にはデスク・チェア・書棚が設置されています。

また、気になるネット環境ですが、お部屋の中まではインターネットが来ていますので、特に契約の手続きは必要ありません。

ご自身でLANケーブルをご準備頂いて有線で繋いでいただくか、ルーターをご準備頂いて無線で繋いで頂くかを選ぶことが出来ます。

無線であればパソコンを配置する位置に困ることはありませんし、スマートフォンをWi-Fi経由で繋ぐことも出来ますので、データ使用量を気にすることもありません。

有線接続であれば、ネットの速度が安定しますので、システム開発関係の企業の方や、オンラインミーティングが多い方にはお勧めです。

Wi-Fiルーターはレンタルサービスでご利用いただく事も出来ます(レンタル料金がかかります)ので、数多くの種類があるWi-Fiルーターを選んで購入することが煩わしいというお客様にはレンタルをお勧めしています。

次に、事務所内の空調は全室個別空調となっています。室温の調整や冷房から暖房への切り替え、風量や風向きなど全てお好みの設定でご利用頂けます。

また、電気代は毎月固定の金額となっていますので利用料金を気にせずエアコンやPCをご利用いただく事が出来ます(退室時はエアコンのOFFにご協力ください)。

室内の家具はご希望に応じて設置しているものを事務所から撤去させることも可能です。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田は最安のお部屋で29,700円~(税別)となっていますので、リモートワークや事務所としての利用用途以外に、ご自身の趣味の為の部屋や、仕事帰りや合間に一息つきたいという方にもご利用頂いています。

デスクやチェアを一切撤去して室内に畳を敷いて床に座って考え事をしたりリフレッシュしたり、はたまた何かを作ったり・・・。そういった事務所の使い方が出来るのはコスパ最高のレンタルオフィスRe:ZONEシリーズならではの利用方法ではないでしょうか。

会社が近くにあるという方は、応接室をレンタルオフィスRe:ZONE梅田に作ることも出来ます。

その場合にソファセットやセンターテーブル等の応接セットが必要になります。こちらもレンタルをご利用いただく事が可能です(料金がかかります)。

また、ソファセットやセンターテーブルなど、お部屋の中に設置する家具は別途、持ち込んでいただく事も可能です。

床に敷く畳を持ち込んでいただく事も可能ですので、都会のど真ん中の梅田エリアで自分だけの和室を作っていただく事も出来ます。

ただし、事務所内の電気容量が限られているため、電子レンジやポット、冷蔵庫などの容量を必要とする家電はお持ち込みいただく事が出来ません。

また、事務所内への複合機の設置をご希望の方は要相談となります。こちらもご希望の内容を内覧時や問い合わせ時にご相談ください。

ご利用方法は入居者様の数だけ存在します。あなただけのレンタルオフィスRe:ZONEの使い方を探してみてください。

次に、共用部分のご紹介です。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田の共用部にはコーヒーやお茶を飲む際に必要なポットやお弁当を温めて頂く為の電子レンジ、冷蔵庫をご用意しております。

また、フロア違いにはなりますが、お手洗いは1階と2階の間に女性用お手洗い、2階と3階の間に男性用お手洗いをそれぞれご用意しております。

女性用は個室が2部屋御座いますので、利用中の方がいても安心してご利用いただけます。

また、3階と4階の間には給湯室があります。こちらにポットや冷蔵庫をご用意しておりますので、お気軽にご利用ください。

受付サービスの有無など、他のレンタルオフィスとの違いは今までご紹介した内容の通りですが、一番大きな違いは、「レンタルオフィスRe:ZONEでは免許を取得することが出来る」ということです。

居室が完全個室で、免許を取得するための「他の事務所との間が仕切られており、完全に独立している事」という要件を満たす事が出来るためです。

独立開業する際に免許の取得が必要な職種の方でも安心して開業していただく事が出来ます。また、レンタルオフィスRe:ZONEシリーズは敷金・礼金0円と、初期費用も安くなっているため、事務所を借りる際に高額な初期費用をご用意いただく事もありません。

オフィスに掛かるコストを削減出来ることで、他の事に費用を使うことが出来ます。

いかがでしたでしょうか。ここまではレンタルオフィスRe:ZONE梅田で提供しているサービスの詳細や事務所の設備のご説明を致しました。

新しくオフィスを借りる際に確認しておくべき事として事務所内の設備の確認や共用設備の確認があります。

ではもっと大事なことは何でしょうか。それはオフィスの周辺環境の確認です。

せっかく新しく事務所を構えてさあここから頑張るぞ!と意気込んでも周辺環境が好ましいものでなければ、その後が大変です。

平日の朝から夕方、もしくは19時、20時頃まで仕事をされるというはランチや晩御飯の場所の確保のために、周辺の飲食店を調べておく必要があります。

仕事の合間のリフレッシュが出来る場所があるか、ちょっとした買い物が出来るコンビニはあるか、利用できる電車の最寄り駅までどれくらいの距離があるか等、確認が必要な事はたくさん御座います。

ご心配な方もいらっしゃるかと思いますのでここからはレンタルオフィスRe:ZONE梅田がある中崎町について、周辺環境のご案内をして参ります。

中崎町ってどんなところ?

レンタルオフィスRe:ZONE梅田の最寄り駅である、大阪メトロ谷町線の中崎町駅の周辺はどんなエリアなのでしょうか。

簡単に言えば新しい住宅と昔ながらの住宅が並立している場所であり、多くの専門学校や塾が立ち並ぶエリアでもあります。

また、昔ながらの住宅を再利用したクラシックなカフェやセレクトショップが立ち並ぶ、今注目のエリアでもあるのです。

時代は第二次世界大戦まで遡ります。大阪のほとんどのエリアが空襲を受けたため、終戦後は焼け野原になってしまいました。

ですが、中崎町は奇跡的に戦火を逃れることができ、終戦後も当時の姿を残したままの街並みが保つことが出来たのです。

そんな中崎町ですが、クラシックなカフェやセレクトショップがOPENするようになったのはつい20年前頃からの事。

それ以前は沢山の人が行きかう梅田エリアやどんどん綺麗になっていく茶屋町エリアとは違い、ひっそりと取り残され、少し寂しいエリアでした。

エリアは梅田のすぐ隣で、立地も良いけど、梅田と比べても静かで良い場所だったことから、新しい住宅も増え始め、多くの若者が中崎町エリアに注目し始めました。

使用されないままの倉庫や、空き家などを借りてカフェやレストラン、画廊や雑貨店をOPENする若者が増え始め、中崎町は賑わいを取り戻し始めました。

中崎町エリアの入口は梅田の中心地から北東に進んだ茶屋町の隣にあります。

オフィスビルが立ち並ぶエリアを抜け、大阪工業大学のキャンパスや梅田ロフトがある茶屋町を抜け、JRの高架をくぐり抜けると、まるでどこかの街から魔法のようなもので飛ばされてきたのではないかと錯覚してしまうほど街の雰囲気がガラッと変わります。

新しいけどどこかレトロで見たことが無いけれど何故か懐かしい気持ちになる下町。

それが中崎町なのです。

少し歩いてみると興味をつい興味を惹かれて入ってしまいたくなるようなお店や路地裏がたくさんあります。

 

こちらは自家製オーガニックグラノーラ専門店 La Granda Familio

2001年から中崎町で始まった古民家再生芸術発信プロジェクトである天人プロジェクトの一環として生まれたお店なのだそう。

変わり始めた中崎町から今の中崎町までを知るお店ですね。

販売している商品はオーガニックな素材を中心に作られていて、小さなお子さんでも安心して食べることが出来るのだそう。

長い間街の人々に愛されているお店にはそれだけの理由があるということでしょう。

La Granda Familio様インスタグラム

https://www.instagram.com/gra_fami/?hl=ja

 

さらに中へ中へと入っていくと昭和の香りを漂わせた老舗の銭湯が出現します。

羽村温泉は創業100年を超えるという、まさに歴史の生き証人といった銭湯です。

都会の真ん中にありながら、露天風呂があったり、「整う」でおなじみのサウナを楽しむことも出来ます。

全てのお湯は軟水を使っているため、湯上りにはお肌がすべすべになるそうです。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田で一仕事終えた後に羽村温泉でひと風呂浴びながら、近所にお住まいの方と交流を深め、サウナで整った後はコーヒー牛乳で〆る。

明日への活力が漲ってきそうなルーティンをご自身の生活の中に組み込んでみてはいかがでしょうか。

羽村温泉の詳細はこちらから

https://onsen.nifty.com/oosakashinai-onsen/onsen010571/

 

最後にご紹介するのは天五中崎通商店街にある蜜香屋(みっこうや)。

何度もメディアで取り上げられており、平日でも人が並んでいるという超人気店です。

土づくりからこだわったサツマイモはまさに絶品です。

焼き芋の他にも大学芋や、ぜんざいと芋のコラボレーションである蜜芋ぜんざいや、やきいもサンデーなどその日の気分に合わせて沢山の種類のお芋スイーツを楽しむことが出来ます。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田の周辺にはたくさんの飲食店がありますので、ランチを食べた後に、軽い運動がてら脚をはこんでみるのもいいかもしれませんね。

蜜香屋HP

http://mikkouya.com/

蜜香屋インスタグラム

https://www.instagram.com/mikkouya/

いかがでしたでしょうか。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田がある場所中崎町エリアのご紹介をさせて頂きました。

今回ご紹介出来たのは中崎町の魅力のうちのほんの少しだけ。

他にもつい寄り道をしたくなるこんな魅力的な路地裏や

こんなお店も中崎町にはあります。

また、中崎町の街を挙げてのイベント、中崎町博覧会なるイベントも開催されているのだとか。

中崎町を深く知る為にあしを運んでみてはいかがでしょうか。

百聞は一見に如かず。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田での仕事や作業の合間にご自身で中崎町の魅力に触れ、開拓してみてはいかがでしょうか。

阪急東通商店街

最後に、レンタルオフィスRe:ZONE梅田から見て南西に位置する阪急東通商店街を紹介します。

先ほどご紹介した中崎町エリアとは打って変わって、ここ阪急東通商店街ではディープな大阪を体感することが出来ます。

こちらの商店街は「食べる・買う・遊ぶ・泊まる」が全て揃っています。

たくさんの飲食店や居酒屋が立ち並び、どこのお店にしようか目移りしてしまって、決めることが出来ないほど沢山のお店が並んでいます。

このエリアは東通商店街を含めて、全部で6つの商店街が交差しています。

その中でも有名なのがお初天神商店街で、通称お初天神で知られる露天神社(つゆのてんじんじゃ)は、かの有名な近松門左衛門の「曾根崎心中」が実際にあった由緒正しい神社です。登場人物である「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれています。

この神社は縁結びの神として知られており、近年では、国内だけでなく海外からもたくさんのカップルがお参りに訪れているのだそう。

ここに行けば食べること困ることはなさそうですね。

新型コロナウィルスの影響もあり、しばらくは元気がない状況が続いていましたが、日常生活を取り戻した時には活気ある街並みが帰ってくること間違いありません。

仕事終わりの一杯を楽しむことが出来るお気に入りのお店を探してみてください。

阪急東通商店街公式ホームページ

https://www.higashidori.jp/

最後に

さて、これまでレンタルオフィスRe:ZONE梅田01の周辺環境や歴史についてご紹介をしてきました。いかがでしたでしょうか?

ほとんどが知っている事だったという方もいれば、全く知らなかったという方もいらっしゃると思います。

日本という国に歴史があるように、もっとミクロに考えると、街や人にも歴史があります。

当然、オフィスビルや事務所にも建設当初から今に至るまでの歴史があるのです。

新しく出来たものは当然に注目されますが、時代の移り変わりとともに、少しずつ人の記憶から消えて行ってしまいます。

そうしてそこに存在しているのに忘れられてしまっているビルは日本中に沢山存在します。

ではそのビルに待ち受けている運命とは何でしょうか。

取り壊して建て替えをするのか、空室事務所の賃料を大幅に下げて強引にテナントを募集するのか、それとも忘れられてしまったまま朽ち果てていくのか。

これらの選択肢は、どれもがビルやその所有者にとっては寂しいことではないかと弊社は考えます。

1つのビルには沢山の人が関わっています。

弊社ではその沢山の人々の思いを大切にしながら、「社会から見放されている不動産を社会から求められる不動産へ」をテーマに築古ビルの再生事業としてレンタルオフィスRe:ZONEシリーズを運営しています。

レンタルオフィスRe:ZONE梅田01もその中の1つです。

オフィスエリアである、梅田に存在する他のレンタルオフィスやコワーキングスペース、新しく建てられたピカピカのオフィスビルには見劣りする事務所かもしれません。

ですが、我々は昔から今に至るまで、受け継がれてきた人々の思いをこれから先に繋いでいくために何が必要で、何が大切であるのか。を日々考えながら運営しています。

これから事業を始められる方や会社を立ち上げて間もないベンチャー企業の方にとって、今ある思いをこれから先へ繋げていく、もっと大きく発展し、飛躍していく。その過程の中で、オフィスとして、あるいは作業場所として弊社のレンタルオフィスRe:ZONEが少しでもお力添えをすることが出来れば幸いです。

この機会にレンタルオフィスRe:ZONE梅田01を是非ご検討ください。

所在地

大阪市北区万歳町3-12 Google Mapで見る

アクセス

大阪メトロ谷町線 中崎町駅 
③番出口 徒歩3分
大阪メトロ梅田駅・阪急梅田駅
④番出口 徒歩6分
 

設備・サービス

  • 24時間365日
    利用可能
  • インターネット
    無料
  • 個別空調
  • 完全個室
  • 防犯カメラ
    設置
  • 登記可能
  • 保証金・
    礼金0円
  • オフィス家具
    付き
  • 清掃費のみで
    退去可
  • スマートロック
    あり
  • 個別ポスト
    あり

契約形態

賃貸契約  定期建物賃貸借契約

駐車場

なし

家賃以外の諸経費

電気代(定額 部屋ごとに料金は異なります)

利用方法

本社、支店、サテライトオフィス、テレワーク、スタートアップ事務所、副業用事務所、登記用事務所、自習室、趣味の部屋等

MAP

よくあるご質問

各許認可の取得は可能ですか?

原則として可能です。今までの入居者様も問題なく取得していただいています。※有料職業紹介事業、古物商等
ただし、許認可の種類によって判断が異なります。詳しくは諸官庁までお問い合わせ下さい。

いつから入居できますか?

最短で申込日から1週間程度で入居可能です。ただし、連絡がつきにくい場合や必要書類に不備がある場合、期日通りに決済金の入金がない場合はこの限りではありません。

初期費用はどれ位かかりますか?

月初(1日)入居の場合、当月分の賃料と入会金・火災保険料がかかります。月途中の入居の場合、利用開始日に合わせた日割り賃料と翌月分賃料、入会金・火災保険料がかかります。敷金、礼金は一切かかりません。また、キャンペーン時はキャンペーン内容が優先されます。

連帯保証人は必要ですか?

原則として、個人申込の場合は不要です。また、法人申込の場合は、設立後1年未満の法人に限り、代表者の方に連帯保証人となって頂きます。但し、弊社が必要と判断した場合はこの限りではありません。

ご契約までの流れ

  • STEP 01

    内覧

  • STEP 02

    申込

  • STEP 03

    審査

  • STEP 04

    面談

  • STEP 05

    契約

  • STEP 06

    入居